site

www.paulbensonwriting.com/

間伐材に光を当てると、<br />
間伐材に光を当てると、ふるさとの山・川・海の未来が見えてくる。” /></h2>
<article id=

間伐材の利用促進は自然を守る大切な一歩。

日本の森林面積の約4割を占める杉や檜の人工林。良質の木材となる樹木を育てるためには、若い木々や小枝を間引く「間伐」という作業が欠かせません。「間伐」は豊かな自然more helpful hints を守る上でもとても重要です。適度に枝が払われた森林には、ほどよい日差しが差し込み、下草が育ち、豊かな土壌が生まれます。そこに貯https://copywritingdoctor.com め込まれた雨水は川となり海に流れ込み、その豊かな栄養によって多くの生命を養います。
ところが今、その「間伐」に大きな問題が立ちはだかっています。運搬コストが賄えないため、山に大量の間伐材が放置されているのです。ちなみに現在、日本で生まれる間伐材は年間約500立方メートル(東京ドーム約2.5杯分)。この現状を変えるには、間伐材の利用を促進するための、何か新しい取り組みがぜひとも必要です。

「間伐材を有効な森林資源として見直し、その利用を少しでも促進したい―。そんな思いから生まれた私たち「森から杜へ」は、適正に管理された広島県内の植樹林で産出された間伐材だけを用いたさまざまな製品の企画・開発、企業による間伐材導入のトータルサポートなどの事業を展開しています。

topspyapps.nethttp://sistaahfriend.com/?p=6639